うるのん 赤ちゃん

うるのんは赤ちゃんに飲ませても大丈夫?

うるのん赤ちゃんに飲ませて大丈夫?

 

赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーが人気です。

 

 

夜中でもいくら眠くても、時間になれば、
ミルクを飲ませてあげないといけませんから、
すぐにお湯と水が出るウォーターサーバーは本当に助かりますね。

 

 

ただ、ウォーターサーバーであれば
何でもミルクに使っていいかというとそうではありません。

 

 

あなたもミネラルウォーター(天然水)は
赤ちゃんのミルクに使わないほうがいい
と一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

赤ちゃんはまだ内臓の働きが未熟なので、
ミネラルを分解することができないんですね。

 

 

通常、赤ちゃんのミルクに使える水は
ミネラルの量が100mg/L(硬度)と言われています。

 

 

これは、未発達の内臓にも負担なく、
なおかつミルクの栄養バランスを崩さない数値だからです。

 

 

うるのんの富士の天然水「さらり」は硬度が29mg/L、
「やわらか水」は硬度が22mg/Lと基準よりもはるかに低く、
軟水にあたります。

 

 

ですので、うるのんは赤ちゃんのミルクにも安心して使えます

 

 

ちなみに、ミルク用に長く使われてきた(今も使われている)
水道水の硬度は約60mg/Lなので、
水道水で作るよりも赤ちゃんの体に優しいということです。

 

 

実際にうるのんも赤ちゃんのミルク作りとして、
全国の小さいお子さんの居る家庭で重宝されています。

 

 

 

うるのんが赤ちゃんのミルク作りに選ばれている理由

うるのん赤ちゃんのミルクに使える?

 

うるのんが多くの赤ちゃんを持つご家族に選ばれているのは
硬度が低いことだけではありません。

 

 

やはりお湯と水が1台で出るのが
赤ちゃんの居る家庭には便利だからですね。

 

 

お湯だけならポットでもいいのですが、
赤ちゃんが飲めるように冷ましてあげないといけないため、
湯冷ましの準備が大変です。

 

 

湯冷まし用の水は作り置きできても
せいぜい1日くらいですし、毎日となるとかなり面倒です。

 

 

その点、うるのんならお湯も水も出ますから
お腹を空かせている赤ちゃんを前にしても
パパッとミルクを作って上げられます。

 

 

ですので、全国で13万戸以上で飲まれているのでしょうね。

 

 

ただ、うるのんをおすすめできない方でも記載しているように、
個人的には赤ちゃんのミルクには専用の水を使うことをお勧めします。

 

 

粉ミルクの栄養バランスが崩れてしまうのが懸念されるからです。

 

 

ですので、赤ちゃんがミルクを飲んでいる間はちょっと待って、
ミルクを卒業してから申し込んでもいいと思いますよ。

 

 

それ以外にうるのんを私がすすめる3つの理由はこちらから見てみてください。